GW前後の退職は増えるのか

某テレビ局の制作の方からGW前後の退職代行現場を撮影したいとのオファーがありました。

10連休という前例のなかった長期連休でしたから、5月病やらなんやらで退職代行を利用する人も増えたのではないかと思った様です。

私としてはテレビ媒体に出る事自体は特になんとも思っていません。宣伝にもなりそうですしね。

しかし、退職代行業務を実行している場面を撮りたいというのはかなり問題があったのでお断り致しました。弊所の場合、退職の申入れは主に電話や内容証明にて行っておりますが、電話も内容証明も依頼人様と会社側の個人情報などがそのまま表現されるので、仮に編集して頂くとしても映像として残すことは秘密保持義務に反すると判断したからです。

単に話を聞きたいというのであればお受けしましたけどね。

それで結論だけ書きますと、やはりGW前後は多いです。

具体的には、GWが始まる前からGW明けに退職代行を依頼する依頼人様が多いですね。それには今年のGWが10連休だったことは深い因果性は見出せませんが、区切りが良かったからではないかと邪推しています。

退職動機についてもいつもの如く、長時間労働・人間関係・パワハラの三つが大半です。なかには、就職祝い金が貰えたので辞めるという逞しい方もいらっしゃいましたが。

5月というのはミスマッチによる退職者も増える時期でもありますし、10連休というのがどのくらい影響を及ぼしたのか、私も知りたいので放送されたら視聴したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする